テーマ:アダルトチルドレン

薄まって「フツー」になって、消費されちゃうのね。。。

ネットで、 「さびしい母がやさしい娘を縛る」という記事をみました。  → http://www.excite.co.jp/News/column_g/20150117/Allabout_20150117_10.html 『 よかれと思って母が娘にかける言葉。  その言葉が「呪文」となって娘を苦しめ、娘の人生をくるわせているか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ユリイカ 2008年12月号」特集=母と娘の物語 母/娘という呪い

「ユリイカ 2008年12月号」 10月に新宿の朝日カルチャーセンターであった 萩尾望都さまと斎藤環先生の対談が集録されている。 とりあえず、図書館にあったので借りてみた。 ユリイカ 2008年12月号 特集=母と娘の物語_母/娘という呪い 望都さまと斎藤先生の対談のとこと、 信田さよ子先生の対談のとこだけ読めばいい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

萩尾望都ゴッド VS 斎藤環先生

前に、斎藤環先生の「母は娘の人生を支配する」を読んだ。 → 感想日記 中に、少女マンガが論じられた章があり、 少女マンガが以前から、母娘関係の息苦しさを描いて、 萩尾望都ゴッドの「イグアナの娘」など 数々の名作を生んできたことに言及してあった。 萩尾先生、山岸涼子先生など、長女が「ゴッド」と尊敬する名前があったので、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱりこれは一種の中毒

編集さんに原稿データを送ってから、 二日間で「図書館戦争別冊1」と ラノベの文庫6冊と、 ル・グインの「ヴォイス」を読みました。 別冊図書館戦争 1 (1) 最初にこれ↑を読んだら、もう楽しくて! (郁ちゃんが、かわいい!  堂上教官、かわいくて仕方ないだろうねえ。けけけ) で、そのあとも次々と読んでしまいま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「母は娘の人生を支配する」斎藤環

ここ2週間、他の本を読みながら読み進めていた本。 斎藤環先生の「母は娘の人生を支配する」(NHKブックス 2008年) 面白いんだけど、少なくとも頭では大変面白いんだけど、 なんというか、感情の部分ではあまり軽やかに読めないらしく、 (なにしろ副題が「なぜ『母殺し』は難しいのか」だよ・・) 時々他の本で気分転換をしつつ、…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「母が重くてたまらない 墓守娘の嘆き」信田さよ子著

信田先生の新刊の広告を新聞で発見。 個人的にえらくストライクなタイトルだなあ、と思いつつ図書館に予約。 「母が重くてたまらない―墓守娘の嘆き」信田さよ子著 春秋社 2008年 母が重くてたまらない―墓守娘の嘆き 信田さよ子先生は、言わずとしれた原宿カウンセリングセンターの所長で、 早くからアダルトチルドレンという概…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「不登校から子どもを守るお母さんの教科書」小寺 やす子

図書館の新着図書の棚で見つけました。 「不登校から子どもを守るお母さんの教科書」小寺 やす子著 青春出版社 2008年 不登校から子どもを守るお母さんの教科書 不登校関係の本は、見かけた時には一応手に取って見るのですが、 あまりピンと来る本がありません。 そんな中で、この本の後半には多いに共感しました。 著者は、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「男の勘違い」斉藤学

斉藤先生が毎日新聞で連載していたエッセイの単行本化。 世の中の男性の皆さん、全員に読んでいただきたい本です! でも、読んでもわからない人も多いかも。それくらい、根が深い問題。 本書では、日本の男がいかに「子ども」かという点について、鋭く切り込む。 神戸の「少年A」の家族を例に、父の役割、子別れについても書かれている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

斎藤学 vs 内田春菊 vs 木野花

久しぶりに斎藤先生のお顔を拝見しようと思い立ち、 JUSTのアディクションフォーラムに行ってきました。 午後からは、斎藤先生と漫画家の内田春菊さん、演出家の木野花さんの対談、 という豪華なプログラムでした。 最初は、内田さんが今連載されている「AC刑事」というマンガのお話しや、 木野さんが演出された、カラマーゾフの兄弟の父…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「コミュニケーション不全症候群」 中島梓著 ちくま文庫 1995年

学校図書館の仕事が忙しく、まとまった物語を読む余裕がなくて、 でも本を持たずに電車に乗れない活字中毒患者のため、 ちょうどいいので長女に借りたこの本を読むことに。 <注:今回、重い&マジメモードです> オタク少年や、 摂食障害、ダイエット依存、そしてJUNE (BL=ボーイズラブという言葉が一般的になる以前の、いわゆる少…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

今日の朝日新聞朝刊の二つの記事と「家族の痕跡」斉藤環(筑摩書房 2006年)

一つは9面の藤原新也氏のコラム「時流自論」『なぜ殺し合う、母と娘』。 神奈川県平塚市の主婦の娘殺害事件や、静岡県の少女によるタリウムでの実母殺害未遂事件について、いずれも母子密着の関係がみられたことを指摘。 いささか乱暴に要約すると、近年母が娘に過剰に「密着」しているケースが多く見られること、愛情の欠損が世代連鎖するACの母親による…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more