(24)「からすたろう」:赤木かん子の「親子で読もう!今どきの絵本のおすすめコーナー」

今日の絵本は、
「からすたろう」
(八島 太郎・作  偕成社 1979年)


からすたろう - 八島 太郎
からすたろう - 八島 太郎


ある小さな学校の話です。

そこの六年生には、
たぶん知的障害であろう男の子が一人いました。
彼は六年間、何時間もかけて学校に通ってきては
文字もろくすっぽ書けず、座っていました。

なので、村の人たちも子どもたちも、
その子のことは軽んじていたのですが、
新しくきた、若い先生はその子に話しかけ、
何が書いてあるか読めない習字もちゃんと貼りだす人でした。

そうして、村中の人が集まる学校の学芸会で、
その子はカラスの鳴き真似をしてみせたのです。

子どもを探すお母さんカラスや、
喜んだり怒ったりしているカラスの声を……。
それは本当にカラスの声そっくりで、
大人たちはみな感心してしまいました。
カラスが何を言ってるか、わかるような鳴きかただったのです。

その子は山奥で炭を焼き、一生暮らしていくでしょう。
でも、村の人にどことなくバカにされて暮らすのと
(そんなことだと、何かあったときにはスケープゴートにされかねません)
“からすたろう”と呼ばれて丁寧に、うやうやしく扱われて生きるのとでは
天と地ほども違うはずです。
この先生は、この村の中に彼の“居場所”を作ることに成功したのです。

やしまたろう、は、戦時中捕まってひどい目にあわされ、
戦後はアメリカに行って暮らし、
故郷の懐かしい(日本でも失われてしまった)風景の絵本ばかり描いた人でした。

この絵本は
教育には何ができるのか?学校には何ができるのか?
という問いに対する一つの答えです。

なので、いくら時がたっても古くなりません。
そうして、いまの低学年はみんな
悪気はなくとも、この子をそこはかとなくいじめたり
無視したりしていることに気づき、怒るでしょう。

そうして、からすたろうの人の良さを好きになり、
この先生を尊敬するだろうと思います。

今の子は“本物の一冊”が好きなのですから。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント