(6)「おこだでませんように」:赤木かん子の「親子で読もう!今どきの絵本のおすすめコーナー」(6)

今日の絵本は、「おこだでませんように」
(くすのきしげのり作 ・石井聖岳絵 小学館 2008年)


もと教師で、とても具体的なお話を書かれる
くすのきしげのりさんの本の一つです。




自分ではよくわからないことで、うちのなかでも学校でも
いつも怒られてばかりいる男の子が、七夕に書いた願いごとは

“おこだでませんように”

誰よりも一番つらいのは本人……。


これは大人がこっそり読む本でしょう。

真面目な人ほど追い詰められる……。
誰にだって、自分にゆとりがなくなったときに
ニュートラルにもどしてくれるものが必要です。
大事なことを一瞬で悟らせてくれる本なんて、
絵本といえどそうそうあるもんじゃありません。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント