直木賞

直木賞、今回は「該当作なし」でしたね。
個人的に佐藤多佳子さんを応援していたので、すご~く残念です。

佐藤多佳子さんは、児童書コーナーで「イグアナくんのおじゃまな毎日」を見つけてファンになり、
「サマータイム」で惚れ込み、「黄色い目の魚」からは「わたしの一番好きな作家さん」です。
・・って、勝手に惚れ込んで、勝手に啓蒙活動にいそしんでいるだけなんですが。(^-^;)

中学の図書室に司書として勤務していますが、
「黄色い目の魚」を借りに来た生徒にこの前、
「この次の直木賞はきっとこの人だよ!」と力強く予言してしまいました。(-_-;)
多佳子さまに是非とっていただきたかったです。

去年の上期の直木賞の前には、やはり、
「DIVE!!」を借りに来た生徒に「次の直木賞はきっとこの人がとるよ!」と予言しました。
その時はわたしの予言どおり(?)森絵都さんが授賞されて、
その上芥川賞は伊藤たかみさんでしたし、
図書室にも「芥川賞・直木賞コーナー」を作りました。

それにしても、「児童文学 → 直木賞・芥川賞」というコースはもはや王道という感じですね。
この路線でいくと、次の直木賞にはあさのあつこさんがノミネートされる?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント