テーマ:物語以外の本

「学校では教えてくれない ゆかいな日本語 (14歳の世渡り術)」 今野 真二 著  河出書房新社

この本、 先生や司書の話の「小ネタ」に使えそうな話がいっぱいです。 あっちこっちつまんで、 授業の「枕」として使うといいんじゃないかな、と思いました。 とは言え、中高生に「面白い」と思ってもらうには、 もうひと工夫必要だと思います。 「学校では教えてくれない ゆかいな日本語 (14歳の世渡り術)」 今野 真二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「中高生からのライフ&セックス サバイバルガイド (こころの科学増刊)」日本評論社 2016年

中高生に関わる機会のある先生・親・おとなは、 皆さん、一度は図書館で借りてみてください! いじめ、ネットトラブル、親との関係、 自殺・自傷、デートDV、 だけでなく、(もちろん、それも大事なんだけど) 人には聞きにくい、 でも、中高生男子にとっては大問題の、 (ということは、それに巻き込まれる女子にとっても問題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「テンプル・グランディン―自閉症と生きる」サイ モンゴメリー著  汐文社  2015年

『タイム誌の「世界で最も影響力をもつ百人」にも選ばれたテンプル・グランディン。  動物愛護活動家として、同時に食肉処理施設の設計者として、  その活躍の様子は映画(エミー賞受賞)にもなりました。  「自閉症はわたしの一部なのです」と語るテンプルは、どんな子どもだったのでしょうか。  二〇一五年度IBBY障害児図書資料センター推薦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ローカル仕事図鑑 ――新天地のハローワーク 」 DECO編 技術評論社 2016年

仕事の本をもう一つ。 こっちは、すごく地に足がついた感じで、 仕事や土地に対する愛もこだわりもあって、 個人的には、すごく好き!  若い人には、 こんなふうに仕事をしている人もいる、 こんなふうに仕事をしていいんだ、と伝えたいなあ、と思う。 「ローカル仕事図鑑 ――新天地のハローワーク (Local Life Bo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本の給料&職業図鑑」 給料BANK  宝島社  2016年

題名だけ見て、面白そうと思って図書館に予約をかけたんだけど、 本が届いてみて、とまどっちゃった。  なんだ? この表紙は? RPGのジョブ紹介(?)みたいなイラストと紹介文がついている。 と思ったら、これ、もともと 『約300種類の職業の給料・給与・手取りをRPG風イラスト解説するサイト「給料BANK」』 の書籍化な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「気になる。行きたい。‥‥行けるか?」その1:鈴木まもる「鳥 の 巣 W o r l d 展」

下北沢の「ダーウィンルーム DARWIN ROOM」で、 日時:2015.10.3(土)~10.25(日) 鈴木まもる「鳥 の 巣 W o r l d 展」が開かれるそうです。 くわしくは、こちら  → http://www.darwinroom.com 個人的に、 鳥の巣の展示はもちろん、 10.17の第10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「クラゲすいぞくかん ~クラゲかんちょーのクラゲじまん」

色鮮やかで、形もさまざま、  ラブリーだったり、玄妙だったり、ちょっと不気味だったり。 クラゲって、いろいろあるのね。知らんかったわ。 クラゲの魅力をきれいな写真と わかりやすい「おしゃべり」で解説してくれる、 子どもにも、大人にも面白い写真絵本です。 「クラゲすいぞくかん  ~クラゲかんちょーのクラゲじまん (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大きらいなやつがいる君のためのリベンジマニュアル (岩波ジュニア新書)」

岩波ジュニア新書なので、中高生向け?  大学から就職活動やその後の話もあるから、大学生におすすめ。 そして、子どもがいる親、子どもに関わる大人にも。 「大きらいなやつがいる君のためのリベンジマニュアル (岩波ジュニア新書)」 豊島 ミホ著  岩波書店   2015年 高校時代に、 クラスを支配する「上」のグルー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「インターネット・ゲーム依存症 ネトゲからスマホまで」岡田尊司著 文春新書 2014年

インターネット・ゲーム依存症 ネトゲからスマホまで (文春新書)文藝春秋 岡田 尊司 Amazonアソシエイト by ネットとのつきあい方は、現代に生きる以上、避けて通れない問題だ。 特に、不登校気味になっている子は、 人とのつきあいを避けて、ネットに潜り込み、生活が昼夜逆転になってしまい、 ますます学校に…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「池上彰さんと学ぶみんなのメディアリテラシー 2 インターネットの便利さ・怖さ 」 学研教育出版 

「池上彰さんと学ぶみんなのメディアリテラシー」として 3冊セットで出ています。 1:メディアの役割とその仕組み 2:インターネットの便利さ・怖さ 3:スマホ・SNSとの正しい付き合い方 これ、現代に生きる以上、どれも大切! 中もね、マンガあり、図解あり、 難しい内容なんだけど、とっつきやすく作られている。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「18歳の著作権入門」福井建策著 筑摩書房(ちくまプリマー新書) 2015年

これ、すっごく面白かったです! 「18歳の」というタイトルですが、 中学生から、高校生・大学生、それ以上の大人も、 今を生きている人は、みんな必要な知識。 弁護士の著者が素人にもわかりやすく説明してくれます。 本を読み、ネット記事を読み、 レポートを書き、 ブログやTwitterやFacebookに投稿し‥‥と、 何…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「LGBTってなんだろう?--からだの性・こころの性・好きになる性」  NPO法人ReBit著 

ネットのニュース記事で知りました。 『渋谷区が同性カップルに「パートナーシップ証明書」を発行する条例案の提出を決定! 世田谷区も検討』 http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1502/12/news131.html へえ、渋谷区、やるじゃん。 というか、今どき、同性婚が認められてる国って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「宇宙飛行士入門 」と「宇宙探検えほん」

「宇宙飛行士入門 (入門百科プラス)」渡辺勝巳監修 JAXA取材協力 小学館  2014年 これ、とってもいいです。 完全ルビふっているので、小学生からOKです。 でも、中身は、本物。 「宇宙飛行士になるには?」「なったらどんなことをするの?」というギモンに、 まっすぐ答えてくれていて、嬉しい。 ぜひ小学校から、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「平安女子の楽しい!生活」川村 裕子 著 岩波書店 (岩波ジュニア新書) 2014年

岩波ジュニア新書でございます。 これは、なかなか面白い切り口というか、着眼だなと感心しました。 何が面白いのか。 平安時代の貴族は、 和歌つきの手紙を、時には季節の花を添えて、贈り合っていた、 というのは、古典の授業で習ったでしょ? この本ではね、 貴族が贈り合っていた手紙は、いわば現代の「メール」だって言って…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

土曜日は「ぷらっと親の会(不登校の親の会)」でした(^^)

2014年3月8日(土)に、平成25年度3学期の 「学校を休みがちな子のこれからについて考える親の会」 (略称:ぷらっと親の会)を 小平二中カウンセリングルームで開きました。 参加は、 中学校の2年生の保護者、3年生の保護者、 そして、春から中1になる現在小学校6年生の保護者がご両親で、 それから、現在小学校5年生の保…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「世界女の子白書」電通ギャルラボ  木楽舎  2013年

東村山の図書館でみつけました。 これ、すっごくいいです! 中学校と高校の図書館にぜひぜひおすすめしたい。 写真もおしゃれだし、 話題も、おしゃれや仕事、恋愛やセックス、ダイエットのこと。 それも、「女の子視点」で、すごく共感できる。 その先に「社会貢献」があるんだけど、 それも女の子の身近な視点と地続きに語られてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

師匠のコメントがつきました→「りかぼん」

昨日のわたしのブログ記事を、 赤木かん子さんがご自身のホムペにとりあげてくださいました。 「コンセプトがうまくて、これ欲しい!と思うのは、70年代の本~」  → http://akagi-kanko.sblo.jp/article/87081466.html 古い本なのに、絶版なのに、 なんで、載せてるかなあ、新しく作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「りかぼん  授業で使える理科の本」りかぼん編集委員会著 少年写真新聞社 2012年

これもネットで教えていただきました。 (どなたから教えていただいたかは、すみません、  図書館にリクかけている間に忘れました) 「りかぼん  授業で使える理科の本」りかぼん編集委員会著 少年写真新聞社 2012年 小学校の「理科」の授業で使える本のガイドです。 章立ては、1年、2年という学年ではなく、 「エネルギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公共図書館は、わたしの書庫♪

なんだか、図書館の「まわしもの」みたいなタイトルですが、 ちょっと前、地元の図書館に行ったら、 「新着図書」のコーナーで、嬉しい出会いが! 「遠い鏡 ~災厄の14世紀ヨーロッパ~」バーバラ・W・タックマン 著 朝日出版社 2013年 遠い鏡朝日出版社 バーバラ・W・タックマン Amazonアソシエイト by …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「137億年の物語 ~ 宇宙が始まってから今日までの全歴史~」クリストファー・ロイド著 文藝春秋 

あちこちで話題になっていたこの本。 やっと図書館の順番がまわってきました。 「137億年の物語 ~ 宇宙が始まってから今日までの全歴史~」   クリストファー・ロイド著 文藝春秋 2012年 137億年の物語 宇宙が始まってから今日までの全歴史文藝春秋 クリストファー ロイド Amazonアソシエイト by …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「くらげる」 国境を越えちゃったシリーズ

東村山の図書館で、見つけました。 国境を越えちゃったシリーズ(?) 「くらげる  クラゲLOVE111」平山 ヒロフミ著 山と渓谷社  2013年 まず、口絵の写真で笑っちゃった。 クラゲの涼やかな美しい写真に混じって、 「くらげなキャラクター」として、仮面ライダー(?)の怪人が! そこ? そこなの?  ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「新しいパパの教科書」ファザーリングジャパン著 学研教育出版 2013年

「新しいパパの教科書」ファザーリングジャパン著 学研教育出版 2013年 近所の図書館で出会いました~♪ 「育メン」の草分け、NPO法人ファザーリング・ジャパンさんが 「新しいパパの教科書 プレパパ~3歳児パパまで」という本を出してくれました。 さすがファザーリング・ジャパンというべきか、 もちろん、これは「最先端」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「誰も戦争を教えてくれなかった」古市 憲寿著  講談社 2013年

だいぶ前に話題になった「絶望の国の幸福な若者たち」。 帯には「26歳社会学者による 2011年最大の話題作!」とある。 確かに面白かった。。。というか、 日ごろ、自分の感覚が、上の世代とも下の世代とも少しずつずれていて、 ましてや子どもの感覚とは、なんか根本的に違うよな~と感じていたので、 若い20代の著者が語る「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「くまモンの秘密  地方公務員集団が起こしたサプライズ」熊本県庁チームくまモン著 

「くまモンの秘密  地方公務員集団が起こしたサプライズ」   熊本県庁チームくまモン著  幻冬舎  2013年 くまモンの秘密 地方公務員集団が起こしたサプライズ (幻冬舎新書)幻冬舎 熊本県庁チームくまモン Amazonアソシエイト by 「くまモン」本として、学校図書館にどうかな、 とか思って借りてみたので…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「ネガティブですが、なにか?」栗原 類  扶桑社 

モデルでイケメンのはずなのに、すごーく後ろ向きで、 むしろその「ネクラ」なキャラでキャラ立ちしている栗原類くん。 いろいろな意味で、大丈夫かいなこの子は、とか心配してたんだけど、 いつだったか、テレビで ティム・バートンを一生懸命インタビューしてて 好きなものに向かう熱が、ちゃんと「17歳」で、 ああ、この子は自分の…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「イモトアヤコの地球7周半」イモト アヤコ著 プレジデント社 2013年

東村山の図書館で借りました! ご存知「いってQ」の珍獣ハンター・イモトの本です。 小学校・中学校におすすめ! 高校にもいいかも。 文字を読んでいると、イモトの声が自然と聞こえてくるような感じ。 そして、 「へー! ひえ~! ええっ! あらら! ぞぞぞ~! まあ~♡」 ってのが(← どんなだー!?) いっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「さがしています 」アーサー・ビナード作 岡倉禎志写真 童心社 2012年

今日は長崎原爆忌です。 先日読んだ写真絵本は、 広島の原爆の遺品を「語り部」に、 アーサー・ビナードさんが文章を書いたものでした。 広島の遺品だけどな、と思いつつ、 今日はこの絵本を紹介します。 さがしています (単行本絵本)童心社 アーサー ビナード Amazonアソシエイト by わたしの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「みんな十四歳だった!」吉本興業 新潮社

東村山の図書館で見つけました! これ、中学の学校図書館におすすめです! 『みんな十四歳だった! よしもと芸人が語る、何者でもなかった「あの頃」の話』  吉本興業 新潮社 (新潮ムック) 2012年 みんな十四歳だった!: よしもと芸人が語る、何者でもなかった「あの頃」の話 (SHINCHO MOOK)新潮社 2012…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「歴史」って。。。

イギリスの人は、歴史の授業で「東京大空襲」は習わないんだって。 それどころか「アヘン戦争」も学校で習わないから知らないんだって。 日本でも、歴史の教科書で「南京大虐殺」をどう扱うか、議論になって、 ドイツではナチスの黒歴史をちゃんと教えているとか聞くと、 日本はもっとしっかりしなくちゃいけないんじゃ、とか思ってたけど、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「自分はバカかもしれないと思ったときに読む本」竹内 薫 著   河出書房新社

中学校でぜひ買ってあげてください。 小学校の高学年から中学生・高校生の頃って、 しょっちゅう「自分はバカかもしれない」と悩む時期だと思う。 そんなのはみんな通る道だけど、 でも、そんなこと誰も教えてくれないし、 そもそも「自分はバカかも」と人に言えない。 言えたとしても、冗談っぽく、だよね。 マジに相談できないし、そも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more