(17)「ロンと海から来た漁師」:赤木かん子の「親子で読もう!今どきの絵本のおすすめコーナー」

今日の絵本は、
「ロンと海から来た漁師」

(チェン・ジャンホン 作  徳間書店 2015年)

ロンと海からきた漁師 (児童書) - チェン ジャンホン, 敦, 平岡
ロンと海からきた漁師 (児童書) - チェン ジャンホン, 敦, 平岡

これは新しい本なので、演出なしの、そのまんま読んでやることができます。

お父さんが海から帰ってこなかったあと、
ロンは(10歳くらいの男の子です)
海辺の掘っ立て小屋で魚を取って極貧の暮らしをしています。

絵の中にビルが建っているので、
これは昔話ではなく、現代の話だ、ということがわかります。

ロンは、いろいろなところから見捨てられた子どもなのです。

絵本というのは
文章に書いてないことを絵が語るので、
絵に目ざとくないとこういうことを見逃してしまいますが、
子どもはたいてい気がつきますね。

そうして、ある嵐の日に魚を取りに行ったロンは
海から骸骨を引き上げ、命からがら逃げ帰りますが、
骸骨は船端に捕まって、一緒に帰ってきたのでした。

ここらへんの絵はものすごく怖いので、
たいていの、特に男の子たちは息を呑みます。

それを見たロンも恐怖のあまり気絶してしまいますが、
骸骨はロンを手当してくれます。

そうしてやがて目覚めたロンが骸骨を気の毒に思い、
自分が持っているありったけ、
最後のスープの一碗まで骸骨に食べさせてしまうと、
骨に肉がつき、人間に戻るのです(ここは昔話を踏襲していますね)。

これが昔話なら、その骨はお父さんなのですが、
これは現代バージョンなので、見知らぬ男です。

そうして彼は、自分にもお前くらいの男の子がいたんだ、と語り、
一緒に船に乗り、たくさん魚を取りに行くのです。

子どもたちは息を止め、手を握りしめ、固唾を呑んでこの話に聞き入ります。
そうして最後、ロンが幸福になると、ほっと息をつくのです。

素晴らしい、めったにない、本物の一冊です。





(16)「親指こぞうニルス・カールソン」:赤木かん子の「親子で読もう!今どきの絵本のおすすめコーナー」

今日の絵本は、
「親指こぞうニルス・カールソン」

(アストリッド・リンドグレーン 作 岩波書店 1974年)

親指こぞうニルス・カールソン (リンドグレーン作品集 (16)) - リンドグレーン, イロン・ヴィークランド, 大塚 勇三
親指こぞうニルス・カールソン (リンドグレーン作品集 (16)) - リンドグレーン, イロン・ヴィークランド, 大塚 勇三

自宅だと、かなり長い話も読んでやれます。
絵もそんなにはいりません。

なので短編集は、自宅での読み聞かせにはぴったりです。

「親指小僧ニルス・カールソン」には、
寂しい子どもが寂しくなくなる話がたくさん入っています。

ニルス・カールソンは、
共働きのうちのため、長いこと一人で過ごさなくていけない男の子の話です。

ところがある日、
床下に一人の小人の男の子が引っ越してきたのです!

キレビッペン!
といえば、彼も小さくなって
新しい友達のうちに遊びに行くことができます。

でも行ってみたら……なんにもない家だったのです。
男の子は亡くなった姉さんの人形のベッドや食べ物をせっせと運びます。

友達のために、友達が喜ぶことをしてやれる喜び……。
一つの肉団子を両方からかじっていく楽しさ……。
彼は親友を得、寂しくなくなったのです。




(15)「くまのコールテンくん」:赤木かん子の「親子で読もう!今どきの絵本のおすすめコーナー」

今日の絵本は、
「くまのコールテンくん」

(ドン・フリーマン作 偕成社 1975年)


くまのコールテンくん (フリーマンの絵本) - ドン=フリーマン, きょうこ, まつおか
くまのコールテンくん (フリーマンの絵本) - ドン=フリーマン, きょうこ, まつおか


古い古い、どこの絵本リストにも載っている名作ですが、
最近もしかしてまたウケるかも、と思い、読んでもらったら
ウケました!😁 一年生に。

デパートのおもちゃ売り場にいるコールテンくんは、
誰かに買ってもらいたい! 友だちが欲しい!
と願っていました。

でも、売れない……。

コールテンくんは、
つりずぼんのボタンが一つ、取れかかっているのがまずいのか、と、
夜中のデパートをうろうろしますが失敗。

今の子どもたちはコールテンくんのこの、
燃えるような望みを切実に理解し、共感するのだと思います。

そして、願っているだけではなくて
自分でなんとかしよう、とするところも、
買ってくれた女の子が、器用にちゃっちゃと
取れたボタンをつけてくれる有能さ、も
ツボなのだろうと思います。

古い本の中から、去年辺りから蘇ってきた本の一つです。







「オンライン☆こだはぐカフェ」楽しかったよ〜♡

本日午前中に、「オンライン☆こだはぐカフェ」やってみました!
楽しかったです❤

自慢じゃないが、機械にはめっぽう弱いので、
わたしにもできるのかな〜?と心配したんだけど、
こだはぐの仲間のお陰で無事開催できたし、

参加者の皆さんが、一緒に楽しんでくださって、
はじめてだったけど、
とっても楽しくできました!
ありがとうございました〜✨✨✨

ご紹介したのは、
こんなわらべうたと絵本、それからサイトでした。

♪めんめん すーすー♪
♪おーでこさんをまいて♪
♪いちり にり さんり♪
♪いっぽんばーしー こ~ちょこちょ♪
♪ここはてっくび♪


絵本「ねえねえ あのね」しもかわらゆみ 講談社 2020年
絵本「ころりん・ぱ!」ひらぎみつえ作 ほるぷ出版 2019年
絵本「ちっちゃな おさかなちゃん」ヒド・ファン・ヘネヒテン作 学研プラス 2014年
絵本「なでなでももんちゃん」とよたかずひこ作 童心社 2016年

♪あわあわ手あらいのうた♪ 花王ビオレU
♪やきいもグーチーパー♪

webで検索してみてね!

IMG_2278.png

ねえねえ あのね (講談社の創作絵本) - しもかわら ゆみ
ねえねえ あのね (講談社の創作絵本) - しもかわら ゆみ


ころりん・ぱ! (あかちゃんがよろこぶしかけえほん) - ひらぎ みつえ
ころりん・ぱ! (あかちゃんがよろこぶしかけえほん) - ひらぎ みつえ

ちっちゃな おさかなちゃん (世界中でくりかえし読まれている本) - ヒド ファン・ヘネヒテン, van Genechten,Guido, ゆず, 古藤
ちっちゃな おさかなちゃん (世界中でくりかえし読まれている本) - ヒド ファン・ヘネヒテン, van Genechten,Guido, ゆず, 古藤

なでなで ももんちゃん (ももんちゃん あそぼう) - とよた かずひこ, とよた かずひこ
なでなで ももんちゃん (ももんちゃん あそぼう) - とよた かずひこ, とよた かずひこ

(14)「津波!! 稲むらの火 その後」:赤木かん子の「親子で読もう!今どきの絵本のおすすめコーナー」

今日の絵本は、
「津波!! 稲むらの火 その後」

(高村忠範作 汐文社 2011年)

津波!!稲むらの火その後 - 忠範, 高村
津波!!稲むらの火その後 - 忠範, 高村

地震のあとの津波から村人を救うために、
大事な稲穂に火をつけてみんなを集めた人の話は
誰でも知っていると思います。

でもそれにはさらにそのあとの話もあるのです。

でもそちらを知らない人は多いので、
まだごぞんじでなかったら、
お子さんと一緒に読んでみてください。

あのあと、このかたは、
二度と津波の被害にあわないように、と、
私財を投じて堤防を築くのです。

それがどうなったかは、本を読んでみてください。
でもトップが賢いと、人の命が助かるのです。


(13)「50点先生と27人の子どもたち」:赤木かん子の「親子で読もう!今どきの絵本のおすすめコーナー」

今日の本は、
「50点先生と27人の子どもたち」

(シュティーメルト作 さえら書房 1981年)

50点先生と27人の子どもたち (外国の読みものシリ-ズ) - エリザベス・シュティーメルト, 文雄, 宇野, 佐知子, 石原
50点先生と27人の子どもたち (外国の読みものシリ-ズ) - エリザベス・シュティーメルト, 文雄, 宇野, 佐知子, 石原

この学校の先生はお話を書いている人でした。

で、あるとき、ある子が、
先生、僕たちのことを書いてよ!このクラスの子、27人全員分!
といったのです。

というわけでこの本には
3ページくらいの短い話が27個入っているので、
夜読んでやるのにちょうどいいのです。

ドラマチックな話はありません。
どれも日常的にありそうな話ばかりです。

子どもたちもいろいろで、なかには悩みを抱えている子もいますが、
先生の対応も、子どもたちの対応もとても真っ当で温かく、ほっとできる本です。





(12)「ねずみとおうさま」:赤木かん子の「親子で読もう!今どきの絵本のおすすめコーナー」

今日の絵本は、
「ねずみとおうさま」

(コロマ神父・文 土方 重巳・絵 岩波書店 1953年)

ねずみとおうさま (岩波の子どもの本) - コロマ神父, 土方 重巳, 石井 桃子
ねずみとおうさま (岩波の子どもの本) - コロマ神父, 土方 重巳, 石井 桃子


日本に絵本を定着させた、岩波の最初のシリーズの中の一冊です。
従ってたいそう古く、
なかの書体からしてふるびているので
(なにせ、外国人の名前がひらがなだ)
子どもたちは自分ではもっていってくれません。

でも読んでやると聞くんです。

これは
幼くして王さまにならねばならなかった小さい男の子の話です。

彼が真の意味で
ちゃんとした大人になれるかどうか、
お妃はたいそう心配し、注意深く、賢く育てました。

“臆病なのは用心深い人、
それを我慢するのが強い人”……。

この王さまは
お妃にそういって育てられましたが、
子どもはみな違うので、
この教えが響く人と必要ない人がいます。

この王さまには役に立ちました。

ねずみのペレスに連れられて、
貧しい男の子に会いに行く冒険をしたときに、
彼はそう自分に言い聞かせて乗り切ったのですから。

このお妃は自分の子どもを冷静に見て
何が必要かを考えたのでしょう。

子どものときにはこの冒険の旅にワクワクしたものですが、
大人になって読むと、
どうしてもこのお妃のほうに目が行きます。

夫を亡くして、
まわりに敵もいるだろう、王位につく息子を
はらはらしながら見守っている、若い女の人を……。
下手したら、まだ20代だぞ!

今の一年生は思慮深いので、
こういう話を喜んでくれます。

かなり長いので、
普通の読み聞かせには向きません。
こういう本こそ、ご家庭で読むのにいいでしょう。

このセリフが、うちの子には響くな、と思ったら、一度お試しを。