「金曜サロン」でお話させていただきます!

小平・生活者ネットワークさんの「金曜サロン」で
お話をさせていただくことになりました!

9月20日(金)10時〜12時。
場所は、一橋学園駅近くの、小平・生活者ネットワークさんの事務所です。

わたしは、毎月、市内の子育てサポートきららさんの事務所で
赤ちゃんとママ(パパも大歓迎ですよ!)向けに、
絵本を読んだり、わらべうたで遊んだり、
子育ての心配やら愚痴やら嬉しいことやら、
ちょっとしたことをおしゃべりする、という、
「絵本と育ばな、ちょこっとわらべうた」という会をやっています。

そこで、
20うん年前に、わたしが赤ちゃんや幼児を育てていた頃と、
同じような心配や悩みを聞くことがあります。

その頃を過ぎてしまえば、な〜んてことないのに、
その時は、本当に辛かった、あれやこれや。
わたしの失敗談やうまくいった工夫などをお伝えしたり、
若いママたちから、新しいことを教えてもらったりします。

それから、
わたしの子育て時代にはなかった「心配」もあります。
わたしたち大人の生活は、今やスマホなしでは考えられないけれど、
これって、赤ちゃんや幼児にはどうなのかしら?

わたしは、「不登校の親の会」の世話人を10年以上やっているのですが、
「不登校児とゲームの付き合い方」は、昔から難しい問題でした。
最近はスマホになって、さらに難しくなっていると感じます。

「スマホと育児」「スマホと子どもの成長」のことが、
すごく気になって、あれこれ本を読んだり、勉強しました。
機会があれば、あっちでもこっちでも、お話しています。
「金曜サロン」でも、お話ししようと思っています。


それから、6月に聞いた田中先生の講演
「子どもの登校拒否・不登校問題をどう理解するか」の話もしたいし、
ここに来て、他にもぜひお伝えしたい話が増えました。
わたしが話すだけでなく、皆さんのお話も聞きたいと思っています。

そんな感じで考えている9月の金曜サロン。
良かったら、いらっしゃいませんか?
お待ちしてます!


10月は4日です & 9月の「絵本と育ばな」の様子 

おっと、うかうかしている間に、ずいぶんたっちゃった! 
ごめんなさい!💦

9月の「絵本と育ばな、ちょこっとわらべうた」は、
6日、金曜日に開きました!✨

1歳5ヶ月の男の子と、もうすぐ1歳の男の子、
それから、7ヶ月の女の子、それぞれのママさんたちが
遊びに来てくださいました! ありがとう💕

はじめて来てくれた女の子が、
わらべうたあそびをすご〜く気に入ってくれて、
声をあげて嬉しそうに笑って楽しんでくれたのが、とっても嬉しかったです!
お母さんも、びっくりの、好反応💕
何が良かったのかしら? きっと彼女のツボにはまったのね。

2ヶ月ぶりにあった「常連くん」は、
はいはいができるようになったそうで、
なんだか「すっきり」したお顔&身体つき。
小さい子の成長って、すごいね〜!

はりきって、朝、一番で来てくれた男の子は、
終わりごろには、少しおネム。
ごきげんで、よーく遊んでいたもんね。
今度は、のりもの絵本を持っていくから、また来てね!

絵本を読んだり、
わらべうたを唄ったり、
おしゃべりをしたり、
楽しい時間でした!ヽ(^o^)ノ

次回は、10月4日(金)
午前10時半〜12時
場所は、ルネこだいら近くの、きららの事務所です。

お気軽に遊びにきてくださいね!
お待ちしてま〜す!

以下は、持っていった絵本の一部です。



「ギルガメッシュと古代オリエントの英雄たち」展

先週、古代オリエント博物館に行きました!


BCF1BAA0-A485-4165-B5E5-89F3143F5888.jpeg

http://www.aom-tokyo.com/exhibition/190713_gilgamesh.html



TVアニメFate/Grand Order −絶対魔獣戦線バビロニア」展

https://www.fgo-babylonia-exhibition.jp/

これも同じビルでやってました。


このゲーム「Fate/Grand Order 」で「ギルガメッシュ」をやってる声優の関智一が、

博物館の音声ガイドのナレーションやってて、それはアプリで買えるんです。

だからスマホでいつでも聞ける。面白い時代になったな〜と思います。

http://aom-tokyo.com/find_audioguide.html


わたしはもちろん、関智(せきとも)のガイドを買って、前夜予習で聞いておきました!


展示もとても良かったけど、無料や100円でできるワークショップが面白かった!


これは、象形文字で「わたしは、しのはら**、天空の大女王」と書いてます!笑!


34D8B229-9F1A-4A06-B57D-6FA5BCC321A3.jpeg
B120747C-47A8-41A8-A097-8DAB0C69CEB7.jpeg

ほっそいお人形は、3500年前のシリアの神バアルです。

東地中海の主神で、天候の神さまでもあって、右手から稲妻を投げたらしいです。

地中海では、雷が鳴ると雨の季節で、農業の恵みも天候の神バアルのおかげなんですって!

(と、せきともが言ってた!)




最後のは、100円のワークショップで作った「円筒印章」です。

スチロールの円筒を爪楊枝で掘って印章を作り、

それを粘土板に押し付けて転がすと、文字が浮き出ます。

自分の名前を「楔形文字」で書きました!


2DA82747-8D82-4D8F-9180-05B6F53716BF.jpeg
オリエント博物館、とっても面白かったです!

9月の「絵本と育ばな、ちょこっとわらべうた」は、6日(金)です!

こんにちは!

暑かった8月もやっとおわり。明日から9月ですね。


9月の「絵本と育ばな、ちょこっとわらべうた」は

6日(金)10:30〜12:00

子育てサポートきららさんの事務所です!


(小平駅のルネこだいら近くです。



時間中は、出入り自由です。

赤ちゃんのご機嫌に合わせて、どうぞ!


絵本をご紹介したり、

わらべうたで遊んだり、

夏のエピソードをおしゃべりしたり、

楽しくゆったり過ごしましょ♪


お待ちしてます!(⌒∇⌒)


この絵本は、「きらら通信9月号」でご紹介した絵本です


「どうしたらいいかわからない君のための 人生の歩きかた図鑑」石井光太著 日本実業出版社 2019年

これまでも、親向けのガイド本はあったんですが、
子どもが読めるガイド本は、画期的だと思います。

どうしたらいいかわからない君のための 人生の歩きかた図鑑
どうしたらいいかわからない君のための 人生の歩きかた図鑑

取り上げられるのは、以下の5つの悩み。

不登校、ひきこもり、発達障害などの「学校のなやみ」
虐待やDV、親の離婚などの「家庭のなやみ」
LGBT、摂食障害、妊娠などの「体のなやみ」
貧困、非行などの「お金がないなやみ」
それらが原因で将来が思い描けない「進路のなやみ」

不登校や発達障害は、親が相談先を探してくれるかもしれないけれど、
虐待や家庭内暴力、LGBTQや妊娠、貧困などは、
親には言えなかったり、言っても親に余裕がなかったりして、
子ども本人が、一人で問題を抱えている場合を想定した本。

だから、「困っている君」にむけて、
語りかけるように、書いてある。

「君」と一緒に君の未来を真剣に考えてくれる大人
「君」を全力でサポートしてくれる大人がいるから、
ここに連絡してごらん!

こんな風にこまっていた「○○君」は、
勇気を出してこんなふうに相談して、
そこでは、こんな人たちがこんなサポートをしてくれて、
そして、こんなふうに問題が解決したり、未来につながったりしたよ!
という、具体例が書かれているのが、とてもいいと思う。

大人が読むと、
本当に、そんなにうまくいくのだろうか?
本当に、そんなに子どものことを考えてくれる大人がいるんだろうか?
とちょっと疑いたくなるが、
この本を作った人、関わった人たちは、本気だ!

もちろん、この本が必要ないほうがいいんだけど、
世の中、きれい事だけじゃすまない時もある。
なにしろ、子どもの貧困率は14%弱。
17歳以下の子どもの7人に1人が経済的に困難な状況にあるという。

親や身近な大人が頼りになればいいけど、そうとは限らない。
そんな時、この本は、きっと味方になってくれる!

だから、学校図書館・公共図書館にぜひ、置いてください!
司書さんは一読して、必要な子に、必要な情報をあげてください!
人と情報(本や知識)を「つなげる」ことが、司書の仕事だと思います。


ちなみに、大人向けのガイド本は、少し古いですが、
「三訂版 教師・親のための子ども相談機関利用ガイド」
  小林正幸編 ぎょうせい 2012年
があります。そろそろ新しい版がでるといいのになあ。

三訂版もうひとりで悩まないで!教師・親のための子ども相談機関利用ガイド
三訂版もうひとりで悩まないで!教師・親のための子ども相談機関利用ガイド

絵本「うずらかあさんと たまご」島野雫さく・え 教育画劇 2018年

めちゃくちゃ素敵な絵本を見つけました!

「うずらかあさんと たまご」島野雫さく・え 教育画劇 2018年


絵が、とってもとっても素敵!
精緻な細密画のようで、
動物たちが、すっごくリアル!
うずらと、ヘビとカラスとオオカミが登場します。

うずらかあさんとたまご
うずらかあさんとたまご

この動物たちが、
少し昔のロシア風のコスチュームなの!
それがとても似合っていて、素敵!

リアルに描かれている動物たちが、
リアルなのに、人間臭くなって、すごく表情豊かになる。

ちいさい「うずらかあさん」は、
最初、ヘビやカラスやオオカミを警戒してたんだけど、
実は、いい人(動物)とわかって、
最後は、なくした卵も見つかって、めでたしめでたし♡

最後のページの、卵をかかえる「うずらかあさん」の表情が
本当に満足そうで、幸せそうで、かわいい♡

うちのオカメインコのスモちゃんも、こんな顔するよね〜、と
世の「鳥スキーさん」たちは、きっと大満足することでしょう!

動物たちもかわいいんだけど、
野の草花がとても素敵。
お話を楽しんだ後は、じっくりページを眺めて、草花を愛でよう!

2019年7月27日開催「ぷらっと親の会」の様子

ご報告が遅くなりました〜、ごめんなさい(^^;)
先月、2019年7月27日土曜日夜に、
令和元年度1学期の不登校の親の会
「学校をやすみがちな子のこれからについて考える親の会(略称:ぷらっと親の会)」を
開きました.

いつもは、平日の午後にやっているのですが、
働くお母さんも増えたことだし、
「夜」にやってみようか、
高校の体験授業や文化祭の前にできるよう7月末がいいかも、と、
試験的に今回は、夏休みに入ってすぐの土曜日夜に行いました。


中学3年の保護者4人、中学3年の保護者2人、
高校生の保護者1人、卒業生の保護者1人、
昨年は不登校で高校に進学したお子さんの保護者3人、
夜にも関わらず、二中の校長先生も来てくださり、
それから世話人が4人、のえーと、16人? の参加でした。

土曜日の夜にしたので、
「現在不登校」の保護者は、初参加の方ばかりでした。

去年まで「不登校児」の保護者だった方が、3人来てくださり、
どんな時期にどんな高校を見学に行き、
複数の候補の中から、何を決め手に志望校を決めたのか、
どんなふうに準備をして、受験にのぞんだのか、
今は、どんなふうに高校生活を送っているか、など、
具体的に「うちの場合は」を話してくださいました。

中学生の保護者にとっては、とても参考になったと思います。
皆さん、最初はかたい表情だったのが、
会が終わる頃には少し和らいで、笑顔も見えるようになったのが、印象的でした。

不登校は一人ひとり違うのですが、
経験者が試行錯誤した経験は、
とても参考になります。

皆さん、悩みながら、でも一歩一歩前進したり後退したりして、
子も親も、少しずつ成長して、受験・卒業、
そして新しいステージに進んで行くんですよね。

〜・〜・〜・〜・〜

令和元年度の都立高校合同説明会は、以下の日程で開かれるようです。
定時制高校の相談会などもありますから、
親だけでも朝から出かけることをおすすめします。
3年生の保護者はもちろん、2年生の保護者もぜひ!
多摩地区なら、立川高校ですね。

10月27日(日)晴海総合高校
11月3日(日)立川高校
11月10日(日)新宿高校

9月からは、都立高校の文化祭が続々と開かれます。
気になる学校には、親子ででかけてみてください。
情報は、都の教育委員会のHP、または、各学校のHPに詳しく出ています。

高校は、本当に雰囲気がそれぞれ全然違います!
本人が行ってみて、
「ここはなんか違う」「ここは居心地がいい」
「なんか先輩が怖い」「家から遠くて通うのが心配」など
いろいろ感じるのが、まず、第一歩かな、と思います。

文化祭はお祭りなので、学校に入りやすいです。
学校見学や、体験授業など、いろいろあるので、HPを見てみてください。
それ以外にも、個別に見学に対応してくれるところもあるので、
とりあえず、電話してみるのも手です。

うちの子は、中学3年の秋、
家から通える範囲にある定時制高校に、
直接電話して見学をお願いしました。
1校は、定期試験中なので対応できない、と断られ、
2校は、どうぞと快く受け入れていただき、見学に行きました。

1校は、家から電車で20分+徒歩15分。
立て替えて3年目のピカピカ校舎でしたが、
本人は「新しすぎて落ち着かない」という感想。

もう1校は、家から電車で30分+徒歩5分。
近々立て替え予定で、廊下がギシギシ鳴る古〜い校舎。
本人はそこが気に入り、「ここを受験する!」と言い、
その後入学し、卒業しました。


〜・〜・〜・〜・〜


次回の「ぷらっと親の会」は、2学期に開きます。
10月25日(金) 小平市小川西町公民館  14:00〜16:00 

学校を休みがちなお子さんをお持ちの保護者の方は、
小・中・卒業生、市内・外を問わず、
どなたでもご参加いただけます。
申し込みは必要ありませんので、
どうぞ、「ぷらっと」お越しくださいね!

以下は、「ぷらっと通信41号」でご紹介した本です。

“育つ"こと“育てる"こと 子どものこころに寄り添って (いのちのことば社) (Forest Books)
“育つ"こと“育てる"こと 子どものこころに寄り添って (いのちのことば社) (Forest Books)