(27)「ベントリー・ビーバーのものがたり」:赤木かん子の「親子で読もう!今どきの絵本のおすすめコーナー」

今日の絵本は、
「ベントリー・ビーバーのものがたり」
(シャーマット作 ホーバン絵  のら書店  1993年)


ベントリー・ビーバーのものがたり - マージョリー・W. シャーマット, リリアン ホーバン, Marjorie Weinman Sharmat, Lillian Hoban, 掛川 恭子
ベントリー・ビーバーのものがたり - マージョリー・W. シャーマット, リリアン ホーバン, Marjorie Weinman Sharmat, Lillian Hoban, 掛川 恭子

幼年文学の形をしていますので、
音読してやっても30分くらいで読めるでしょう。

絵が地味なので、ほとんど有名にならなかった一冊ですが、
天才でもヒーローでもない、気立てのいいベントリー、という男の子が
ずっと好きだった幼なじみと結婚して一生懸命働き子どもを育て、
幸福に亡くなるまで、を描いた、
人生こうでなくちゃ!を絵に描いたような話で、
これが子どもに向かって書いた本?なのですが、

確かにこれは子どもに向かって書いた本、ではなく、
児童文学の手法をフルに活用して書いた本、でしょう。
大人の文学で書いたら、
とてもこうはシンプルに、真髄だけがまっすぐ伝わってくるようには書けないでしょうから。

そういうわけで、
リアルタイムの時代の子どもたちには、???だったと思われますが、
いまなら、いい話だねぇ、お母さん、としみじみする
5歳の男の子がいてもおかしくないなぁ、と思います。
それがいいか悪いかは別にして……。

欧米は、幼年文学でこういうことがいえる、と発見して突き進んだ結果、
一部、子どもにはわからない珠玉の幼年文学、というものを作り出してしまい、
そうして子どもにわかる幼年文学はいまの子どもには幼稚になりすぎてしまい、
結局のところ幼年文学自体が消滅しかかってしまったのですが、
今なら!
そういうなかに音読してやれば使える本がたくさんあるのです。
子どもにも、そうして子ども関係なく、こっそり読む大人にも。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント