7日間ブックカバーチャレンジ6日目:「ファンタジー」


これは、「読書文化の普及に貢献するためのチャレンジ」だそうで、
参加方法は好きな本を1日1冊、7日間投稿するというもの。
本についての説明なしで表紙だけの画像をアップし、
毎日1人のFacebook友達をこのチャレンジに招待します。
〜・〜・〜・〜・〜

本について語らないで書影だけ載せる、というのも面白いですが、
好きな本については、いろいろ語りたくなってしまうので、
それは、リンクで飛ばしました。
気が向いたら、お読みください。

〜・〜・〜・〜・〜
では、
6日目は「ファンタジー」です。

今日ご紹介したい作家さんは
日本から、荻原規子先生、上橋奈穂子先生、
海外は、アーシュラ・ル・グイン、マーガレット・マーヒ—、パトリシア・マキリップです。

書影は、荻原先生の「RDG レッドデータガール」です。
左は、酒井駒子さんの装画(単行本と角川文庫)。
右は、KADOKAWAスニーカー文庫の岸田メル氏の装画です。

「RDG」は、2013年にアニメ化されました。
岸田メル氏は、その時のキャラデザ。
清楚で可憐な泉水子ちゃん、深行くんもカッコよくて、最高でした!
(そのアニメの監督を、うちの夫がさせていただきました。)

96003866_228096578450286_4657727707063255040_n.jpg

以下は、ブログ記事です。
ご興味があれば、ぜひお読みください!

皆さまが、運命の一冊・お気に入りの一冊・癒しの一冊と出会えることを祈って!

◎荻原規子
 「RDG 5 レッドデータガール 学園の一番長い日」

 「RDG5 レッドデータガール 」 (ネタバレ、注意!)

 「RDG設定資料集」

 *アニメ「RDG」」公式ホムペより、荻原規子先生×篠原監督 対談インタビュー


◎上橋菜穂子  
  上橋作品についてのブログ

 「物語のかなた 上橋菜穂子の世界」藤本英二
   https://marinonnette.at.webry.info/201005/article_14.html
  
 「ナルニア国物語」映画化記念講演&トーク 上橋菜穂子VS金原瑞人


◎アーシュラ・ル・グイン
  ル・グインは、最初にSF作家として知りました。
 「闇の左手」とサンリオ文庫の「辺境の惑星」が好きだった。
  ファンタジー作家としては、やはり「ゲド」ですが、あえて違う作品を!

 『ギフト』(注:記事最後にネタバレ部分含む)

 「ヴォイス」

  清水眞砂子先生、講演会


◎マーガレット・マーヒ—
   マーヒ—で一番好きなのは「目覚めれば魔女」なんですが、
   ブログ書いてませんでした! なんてこったい。

  「錬金術」


◎パトリシア・マキリップ
 「妖女サイベルの呼び声」は、一般的にはあまり知られてないんですが、
  ファンタジー愛好者の間では有名な作品で、熱心なファンがいます。
  岡野玲子のコミカライズ「コーリング」は、芸術品です。



今、各地の公共図書館も閉館中で、
おもしろそう!と思った本を「借りる」ことができません。
なので、ネットの古本屋さんで買える本なら嬉しいかな、と思い
少し古い本をチョイスしました。

でも、皆さんにお願い。
古本屋さんで買って読んで、気に入ったら、
その作家さんの新刊は、ぜひ書店で買ってくださいね。

(FBではないので、バトンはありません)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント