1月31日の「ぷらっと親の会(不登校の親の会)」

カレンダーは、はや2月になっていますが、
1月31日にひらいた、「ぷらっと親の会」のご報告を。

「ぷらっと親の会」は、
「学校を休みがちな子どものこれからを考える親の会」という長い名前の会の略称です。

学期に1回開いています。
2019年度3学期の会を、先週開きました。

5人の参加者と
世話人が4人で、
比較的、ゆっくりお話できたように思います。

今回は、小学校6年生の保護者が4人いらっしゃいました。
4月から中学生、ということで、心配ですよね。

経験者としては、

・中学校に連絡して、新1年生の学年主任、副校長、養護の先生などと面談して、
 心配なこと、配慮してほしいことなど、伝える機会を早めに作る。
 (クラス分けの作業を中学が始める前がいい)

・もし、不登校の原因が、いじめ・いじりだった場合は、
 「この子とは同じクラスにしないで欲しい」とはっきり名前を出して要望していい。

・要望しても、中学校側は「希望に沿えないこともある」と言うかもしれないけれど、
 まずは、要望しないことには、配慮してもらえないので、はっきり言おう!

・中学校と面談するときは、できれば父親も一緒に。
 母親だけの時より、学校側の対応が良いこともある。

など、お伝えしました。


その他、転校して学校に通えるようになった、という体験談も、教えていただきました!
良かったですね〜! 


今年度の「ぷらっと親の会」は、今回で終わりです。
来年度の活動予定は、まだ決まっておりません。
決まり次第、お知らせしますので、少しお待ちくださいね。


以下は、
わたしがwebで見つけた記事です。
ちょっと面白かったので、貼ります。

特に、最後の2つは、同じことの裏と表みたいで、興味深かったです。
不登校の子にとって、ゲームとのつきあい方は、避けて通れない問題ですし。

ご参考まで。

◎英BBC NEWS「どうしてこれほど多くの日本の子供たちが、学校へ行くことを拒むのか」記事全文訳

Twitterで見かけた不登校に関する「BBC NEWS」の記事を全文訳してみました。

拙い翻訳ではありますが、「karoshi(過労死)」や「hikikomori(引きこもり)」に続き、

世界から向けられた日本の「futoko(不登校)」への眼差しが、皆様の一助になれば幸いです。

https://note.com/isa_kent/n/n7c568ab5440f?fbclid=IwAR1N7XhcZprUU5qSBIyKYxoemnOwz6LTr8MPfUWkTGy5zQOTpd_VIc5Qe_I


◎【学校では教えてくれない】多様性を生きるための子育て

2019年4月に行われた東京大学の入学式祝辞で大きな注目を集めた社会学者、上野千鶴子さんに話を聞いた。

https://kidsna.com/magazine/entertainment-report-20012218-10273?fbclid=IwAR3YiyqhPTN7-XJ7JIo3Nx47NS0d3HpnoMsciLr3S3ptMwD2tewGcotgMwc


◎子供をゲーム嫌いにする方法が簡単でわかりやすいと話題に!

子供をゲーム嫌いにする方法

・一生懸命ゲームに取り組むように言う

・どこまで進めるか目標を立てさせる

・目標に対しての進捗を管理する

・進捗が遅れていたら叱る

・なぜ遅れているのか理由を問いただす

・遅れを取り戻すための方法を言わせる

・ゲームのやり方に都度口を出す

これだけでok

みなさまご指摘の通り、「仕事」や「勉強」に変えても成り立ちます。

こう書くとすぐ分かりそうなのに、

どうしても親や上司はこういう言動を取ってしまいますよね。


元はTwitter。まとめ記事は以下。

https://kogusoku.com/archives/26041?fbclid=IwAR3bMV_gBJbA345FBghU6MVtPIi6U8OeVUz9NxxymqgueE5g8lKdgEH_nWc


◎「ゲーム三昧の子」が勉強に向かう”魔法の言葉" 「勉強=つまらない」はこうして変える

より抜粋  元記事: https://toyokeizai.net/articles/-/326976

【考え方】

1. 勉強そのものはゲームである

2. 先生はゲームのクリエーターであり、マスター(攻略テクニックを教えてくれる指導者)である


1.  例題や知識は「アイテム」(アイテムを手に入れてゲームを攻略する)

2.  応用問題ではなく、「アップデート版」の攻略

3.  解説ではなく、「攻略法」

4.  勉強計画ではなく、「ゲームプラン」

5.  解答終了は「ゲームオーバー」




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

秋岡ゆか
2020年02月05日 10:15
いつもお世話になりましてありがとうございます。先日もお部屋予約、茶菓ご用意もろもろ有難うございました!今朝早速1年3か月ぶり図工2時間参加出来たニュース嬉しく聞きました!ゲーム進まないとき、叱る!笑いますね♪また他の記事も読んでみます。篠原さんがインテリに育てられたこと、皆の為になっています。それに応えて乗り越えたのは自らの力に変えたのだし、頑張りに有難う!
しのはら
2020年02月08日 15:55
秋岡さん

お返事遅くなって、ごめんなさい。
来てくださって、本当にありがとうございました!

ほんとうにね、こどもは、
あんなにぐずぐずしてたのに、そんなことできるんだ!
と親がびっくりするような時があります。
かと思うと、
ま〜たぐずぐずのぐだぐだに戻る時もあるけど。笑。

また、お話をお聞かせください!
お待ちしてます!