藤沢南図書館のYA展示

小田急デパートも入っている藤沢の駅ビルに、新しくできた藤沢南図書館。
そこのYA展示に、わたしもPOPを送らせていただきました。
写真のすみっこに載ってます。「イングールの天馬」を見つけてね!

ネットって、すごい! と思った記事2つ

この前、師匠のHPに載ってたこの記事、
すごい時代だ!と感激しました。

「色が見えない私にこの眼鏡が色を与えてくれました」

色盲の人にも色が見えるようになる眼鏡だそうです。
アメリカのwebサイトで、ひとつ4万円程度から購入できるそうです。
記事の最後には、英語のサイトで購入する方法が丁寧に説明されています。
技術って、すごい!
そして、ネットってすごい!(使いようによっては)


もう一つ、SNSすごいな〜と思ったのは、こんな記事。
「長男、いつも5+3=7と間違える。
 もしやと思って聞いてみたら、数字に色が付いて見えていた。」

「分かるよ。母さんも5は濃い緑で3が黄色だから、
 足して黄緑の7になっちゃうんだ。」

共感覚のことは、本で読んだことがあるんだけど、
5(濃い緑)+ 3(黄色)= 7(黄緑)!!!
そんなふうに見えるのか!すごい!

この子は、お母さんもそうだったから、
「共感覚」も「困り具合」も共感してもらえて、よかった。

そして、SNSで発信することによって、
「わたしはこんな共感覚」という証言が出てくるのが、すごい。
昔だったら、孤独だよな〜、とか思っちゃった。




11月の「絵本と育ばな、ちょこっとわらべうた」は、1日金曜日です!

あららら、もう明後日じゃない!(*_*;
ということで、慌てて投稿します。

11月の「絵本と育ばな、ちょこっとわらべうた」は、1日金曜日です!
時間は、10時半〜12時。
場所は、ルネこだいら近くの、子育てサポートきららさんの事務所です。

いつも、絵本を読んだり、
おしゃべりしたり、
わらべうたで遊んだり、
まったりのんびりしてます。

0歳から2歳くらいの保育園・幼稚園に入る前のお子さんとママ、
ちょっと気分転換においでください。

時間内であれば、出入り自由です。
赤ちゃん連れだと、なかなか時間通りに動けませんよね。
どうぞ、お気軽にのぞいてみてください。

「きらら通信」でご紹介した絵本を、持っていきますよ〜!
めちゃ楽しいから、見に来て来て〜!




「訪れてみたい日本のアニメ聖地88”(2020年版)」というのが発表になったらしいです。

『全世界のアニメファンが選んだ“訪れてみたい日本のアニメ聖地88”(2020年版)』に、

○『凪のあすから』(三重県熊野市)
○『色づく世界の明日から』(長崎県長崎市)
が選ばれたんだって!

https://www.famitsu.com/news/201910/29185935.html


長崎市のグラバー園では、11月1日から
「色づく世界の明日から」特別展開催されるそうです!

https://www.nagasaki-tabinet.com/event/64910/


さらに11月は、長崎で「色づく」のトークショーがあるよ!

https://www.welcomekyushu.jp/topics/?mode=detail&id=7957


あと、
長崎でのトークショー開催を記念し、
 あなたが選ぶ『色づく世界の明日から』好きなシーンを募集」してます。
「抽選で5名様にイベントグッズをプレゼント」だそうです。

公式のTwitter見てね!

2019年秋:不登校関連の情報

不登校の子の進路選びに関する情報、文科省の新しい通知、
フリースクールの情報など、新しい情報をいつくかまとめます。

◎まず、令和元年の、都立高校の合同学校説明会
毎年開かれ、多数の高校が参加し、たくさんパンフが集められます。
都立定時制・通信制高校、チャレンジスクール、エンカレッジスクールの相談コーナーもあります。
個別相談は人気なので、希望する方は少なくとも午前中に行って並んでください。ご両親で相談する方も多いそうですよ。

多摩地区では、都立立川高校で、11月3日10時から16時です。

都教委のホムペはこちら
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/press_release/2019/release20190912.html

チラシはこちら
(クリックすると、それぞれの参加高など詳細が見られます)
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/press_release/2019/files/release20190912/leaflet.pdf



◎次に、多摩地区の公立・私立の、定時制・通信制等合同学校説明会
2019年11月23日(土)10時30分〜16時30分
場所は、立川のたましんRISURUホール

参加学校など詳細は、こちら
https://www.city.tachikawa.lg.jp/kodomoikusei/kodomowakamonojiritusien/31_goudougakkousoudankai.html

個別の相談ブースはもちろん、体験談や専門家の講演もあるようです。
上のホムペの下のほうで、
詳しいチラシがPDFで開くようですから、ご覧ください。

◎文科省が、今年(2019年)10月25日に出した通知
「不登校児童生徒への支援の在り方について」

文科省のホームページから読めます。

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/1422155.htm?fbclid=IwAR0ob9uxsiX5M27vjcM8m8181Nfuf8R-COUVwnhi-Kle1Ok3YNryQ5IZgPA

不登校の子の親は、一度読んでおいた方がいいと思います。
先生たちは当然知ってる、と思いがちですが、そうとも限らないのが「現場」です。

通達が「絵に書いた餅」ではなく、実際に子どもや親の助けとなるよう、上手に活用したいです。


◎不登校新聞
http://www.futoko.org/

老舗の不登校新聞です。
どの記事も読み応えがあります。
無料の号外は、今、樹木希林さんのメッセージです。


ネットじゃなくて、本で読みたい方は、こちらをどうぞ。
「どうしたらいいかわからない君のための 人生の歩きかた図鑑」

「学校に行きたくない君へ」全国不登校新聞社編

◎フリースクールについては、
「NPO法人フリースクール全国ネットワーク」のホムペが充実してます。

不登校について
https://freeschoolnetwork.jp/information

こちらは動画で、見やすく、力づけられます。
「不登校だった私たちから、不登校に悩むあなたへ」
https://freeschoolnetwork.jp/p-etc/3692


◎田中哲先生の講演録:「子どもの登校拒否・不登校問題をどう理解するか」

2019年6月23日の東村山での田中哲先生の講演録を、こちらで読めます!




◎情報は上手に使いましょう!

わたしの娘は小1の秋から中学卒業まで、義務教育の期間のほとんど不登校でした。
当時は、出口の見えないトンネルに入ったようで、不安でたまりませんでした。
今は、ネットで様々な情報にアクセスできるので、とても便利だと思います。
反面、情報がありすぎて、振り回されてしまいそうです。

情報は、賢く使いましょう!

親は情報を集める手伝いはできますが、学校に通うのは親ではなく本人です。
だから、決めるのは親はなく「本人」。本人が納得して決めることが大事だと思います。
親は、子どもを信じて待つ・見守る、あるいは伴走しましょう。
親の不安や焦りを子どもに押し付けてはダメですよ。
これは親の「修行」だと思います。精進しましょう!

以下は、10月25日に開いた
「学校を休みがちな子のこれからについて考える親の会(略称:ぷらっと親の会)」の様子です。


次回は、2020年1月31日(金)、午後2〜4時、
場所は、小平市小川西町公民館です。
参加申し込み・参加費は必要ありません。
どうぞ、ぷらっと、おいでください!



2学期の「ぷらっと親の会」終了しました。

先週金曜日10月25日に、今年度2学期の
「学校を休みがちな子のこれからについて考える親の会(略称:ぷらっと親の会)」を開きました。

小3、小6、中1、中2、高1のお子さんの保護者が6人と、
小平二中の副校長先生と、スクールカウンセラーの先生、
それから、世話人が4人の、計12人の参加でした。

それぞれの状況と、困っていることなどをお話いただき、
世話人の経験や、副校長先生・カウンセラーの先生のアドバイスなど、
話題が広がったり、深まったり。

高校の学費の無料化が、都立だけでなく、私立にも広がったこと、
「通信制サポート校」が増え、様々な校風の学校ができたこと、
「N高」のように、ネットを活用する学校もできたこと、など、
10年前とくらべたら、選択肢は格段に増えていると思います。

その子その子に合った、学校や学びのスタイルが見つかるといいですね。

「ぷらっと親の会」は、4時過ぎでいったんしめましたが、
その後も、5時前まで、三々五々おしゃべりをしました。

次回は、1月31日(金)、午後2〜4時、
場所は、小平市小川西町公民館です。

参加申し込み・参加費は必要ありません。
どうぞ、ぷらっと、おいでください!


「ぷらっと」で配ったプリントなど、
最近の不登校関連の情報、まとめました。
ごらんください

塩谷京子先生の調べ学習の授業

これも直前のご案内でごめんなさい。

知る人ぞ知る、調べ学習の大家:塩谷京子先生の講座です。

日時:10月20日(日) 10:00〜16:00
場所:放課後等デイサービスかりゆーし
   (西国立駅より徒歩7分)
   地図はこちらの「教室紹介」から(下のかりゆーし) → https://yuimaru-maru.com/

講師:塩谷京子先生(元小学校教諭。
    現在は、放送大学客員准教授/関西大学・昭和女子大学非常勤講師など)
受講料:5000円

お昼休憩を挟んで、午前午後の講座で、5000円! 
塩谷先生だよ! マジかっ!っつーくらいお安い!

住宅地なので、お弁当持参です。
(徒歩3分くらいにコンビニあり。来る途中にもコンビニあります)

申し込みは、赤木かん子さんへ。
akagikanko☆gmail.com(☆を@にかえてください)


塩谷先生の講座、毎回と〜っても面白いですよ!
「調べ学習」に巻き込まれる学校関係の方は、ぜひ!

もっと早くお知らせしようと思ってたのに、
週末の台風でぶっとんでしまいました。すみませんm(_ _)m

画像は、塩谷先生と赤木かん子さんの共著。
「しらべる力をそだてる授業」です。


出た当時は、
「調べ学習」が上から降りてきてやらなくちゃいけないのに、
どうやればいいのか、誰も教えてくれない!
どうすりゃいいのよ〜!!! と現場が悲鳴をあげていた頃でした。
その頃これが出て、「あ〜、こういうことなんだ!」と目ウロコだった。

それと、かん子さんの「調べ学習の基礎の基礎」。
これも、学校図書館司書がすぐ使えるノウハウが満載で、
こういうふうに説明すれば、子どもにもわかる!と教えてもらった。
バイブルです!

10月20日、今年もやるって!「ロバフェス」

明後日20日(日)のイベントです。
小さなお子さんもママパパと一緒に楽しめそう。
もちろん、小学生も!

「ロバフェス」

ロバの音楽座とゆかいな仲間たちによる1日限りのフェスティバル!

公演日 2019年10月20日(日)

会場 国分寺市立いずみホール Aホール、Bホール、会議室、練習室

http://www.izumihall.com/event/20191020

①テコちゃんのワークショップ『オリジナルの帽子をつくろう』

② 0-3歳児のためのわらべうた 「あきこさんのわらべうた」

④ロバの音楽座+松本野々歩による参加型のコンサート


まだ余裕あると火曜日に聞きましたが、
その後どうなったか、問い合わせてみてくださいね!
申し込みができれば、チケットは会場取り置きしてくれるそうです。