「これも学習マンガだ!」というサイト

FBで教えていただきました!


「これも学習マンガだ!」
 → http://gakushumanga.jp


わたしの師匠の赤木かん子さんが作る学校図書館には、結構マンガが入っています。
(「日本の文学のSSSクラスは、みーんなマンガだ」と師匠はおっしゃってます。)
「探偵小説」には「コナン」が欠かせないし、
「スポーツ」の棚には、
「スラムダンク」と「大きく振りかぶって」と「フットボールネーション」と「ピンポン」が欲しい。
囲碁や将棋は、ルールの本や羽生名人の解説本を置くより、
「ヒカ碁」や「3月のライオン」を置いたほうが、その魅力が伝えられる。

興味を持ったら、じゃあ、こんな本もあるよ、と他の本(活字の本とかね)を手渡せる。
マンガって、図書館利用の入り口に、いいと思うんだけど、

マンガOKな学校図書館ってなかなか難しい。
(「はだしのゲン」と「火の鳥」はどこもあるけどな)

こういうサイトがあると、教育委員会を説得しやすいかしら。ね?

あれ? でも、バレエは「スワン」で「テレプシコーラ」じゃないんだ?

ふーん。。。なかなかがんばった選書だけど、
どうせなら、もう少しがんばって欲しいなあ。
これから増えるかなあ。
今後に期待したいです。


・・・と思ったけど、
これ、かなーり趣味に走った選書ですね。

選者の皆さんの、それぞれの推薦が熱いです!
それはそれぞれのご趣味なので、全然かまわないし、
共感できるところも多々あるんですが、

「学習マンガ」とくくってしまうと、
これを子どもにすすめる人が出てきそうで、
それにしては、古いものが混じって、うーん。。。。

今の子、「ベルばら」とか読みますかね?
「銀の匙」や「聲の形」は読めても、「はみだしっ子」は無理じゃネ?
いや、わたしは大好きだけどさ、絵が古すぎるでしょ?
おおっと、諸星大二郎の「暗黒神話」はいってるし!

これはむしろ「オトナのための懐かしのマンガ・リスペクト」って感じ?

それと、若い時はマンガ読んでたけど、最近読んでないな、というオトナに、
「最近のマンガにも、いいのがありまっせ」って、お知らせしてる、って感じだな。

‥‥‥えーと、これ、
「マンガの達人がおすすめするマンガ100冊」ってタイトルのほうがいいんじゃないでしょうか?

オトナは「懐かしいなあ、へえ今はこんなのもあるんだ」と喜ぶだろうし、
コドモでも「へえ」と思って手を伸ばす子もいるだろうし、
それでいいじゃん!

なんで「学習マンガ」ってタイトルにするのかねぇ?


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック