来襲! 七人の○○

七人の○○、と言えば、まず思い浮かぶのはやはり、
黒沢明の名作「七人の侍」。
以後、「七人の○○」はたいていタフなプロフェッショナルというか、
敵に回すとヤバイみたいな、そういうイメージがある。‥‥と思う。

で、今日我が家に来たのは、
陸上部女子2年の面々、次女を入れたら総勢七人。

部活で、ハイテンションに壊れまくり、笑いまくっている様子を、
日ごろ次女から聞いている身としては、
「今日の午後、ウチで遊んでいい?」と聞かれて、戦々恐々。
2年の女子が6~7人で、しかもスマブラとマリカをしに来るという。
ある意味「ヤバイ」連中である。
「いいよ」と返事をした以上は、どんな騒がしさも我慢しよう、と覚悟を決めた。

そしていよいよ、七人(次女含む)の陸部娘たちが「来襲」。

ゲームをする子たちと、
順番待ちでマンガを読む子たちに分かれて遊びだす。
iPodの音楽をスピーカで流し、
気に入りの曲は、自然とみんなで合唱状態。
ゲーム、マンガにそれぞれ没頭しつつも、
誰かが何か言うと、すかさずそれにボケたりつっこんだり、
けたたましい笑い声が湧き上がったり。

リビングに座り込み、大きいクッションに数人でもたれたりして、
頭をくっつけあい、つっつきあい、笑ったり転がったりする様子は、
まるで猫の仔がごちゃごちゃとじゃれあっているみたい。
みんなとっても仲良くて、くつろいで、楽しそうで、
見ていてわたしも楽しくなった。

持参してくれた分と、うちで買った分と合わせて、
次々と出してあげたお菓子は見事に完食。
最後は、お皿やコップやゴミをまとめ、
使ったクッションや座布団を重ねてくれ、いい子たちやな~、と感心。

ところで、
試しに子どもたちに「2年生の男子って誰かモテる人いるの?」と聞いたら、
「**とか、××とか。とりあえずわたしは##が好き!」と屈託の無い答え。
「じゃあ、2年生でカップルとかいる?」と聞いたら、あっさり
「この子とこの子とこの子とこの子はカレシいるよ」と言われた。
へ~、そうなんだ~! とびっくり。

いやあ、今日はほんと、楽しかったよ! またおいでね♪


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック