アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「あ行の作家」のブログ記事

みんなの「あ行の作家」ブログ

タイトル 日 時
1月14日 アラ中読書会
1月14日 アラ中読書会 ご報告が遅れたシリーズ。 2017年1月14日土曜日に、東大和市上北台公民館で、 中高生の読書会「アラ中読書会」を開きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/30 14:28
遅くなりましたが、11月5日の「アラ中読書会」の様子 → 次回は1月14日(土)です♪
遅くなりましたが、11月5日の「アラ中読書会」の様子 → 次回は1月14日(土)です♪ もう、11月も下旬なのに、 5日のご報告を、今ごろ書くという……(-_-;)いやはや、申し訳ない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/22 18:18
11月5日に、中高生の読書会「アラ中読書会」(& 石崎洋司先生トークイベント作戦会議)を開きます!
11月5日に、中高生の読書会「アラ中読書会」(& 石崎洋司先生トークイベント作戦会議)を開きます! 夏休み前に今年度1回目を開いた「アラ中読書会」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/28 15:49
「てんから どどん」魚住直子著 ポプラ社 2016年
「てんから どどん」魚住直子著 ポプラ社 2016年 魚住直子さんの新作です。 表紙がかわいいなあ、と思って何気なく借りたら、 とっても面白かったです! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/21 21:46
「神さまになりまして、 ヒトの名前を捨てました。 」石田リンネ著 KADOKAWA/エンターブレイン
「神さまになりまして、 ヒトの名前を捨てました。 」石田リンネ著 KADOKAWA/エンターブレイン 「おこぼれ姫」の作者、石田リンネさんの新刊が、 「ビーズログ文庫アリス」というレーベルで出ました。 へー、どんなんかな、と思って読んでみたら、 すごーく面白かったよ!   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/09 20:44
図書館と街の書店の関係
わたしの図書館の師匠:赤木かん子さんのHPの記事をご紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/19 21:15
赤木かん子さんのインタビュー記事
「国語」は全ての教科の基本です。 だって、教科書って、日本語で書いてありますもんね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/21 21:27
「気になる。行きたい。‥‥行けるか?」その2:佐藤多佳子さん×リンドグレーン
「気になる。行きたい。‥‥行けるか?」その2:佐藤多佳子さん×リンドグレーン 長くつ下のピッピ生誕70周年記念企画 児童文学講演会「子どもの居場所−アストリッド・リンドグレーンが残したもの」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/30 22:58
「異世界食堂」大塚淳平著 主婦の友社(ヒーロー文庫) 2015年
「異世界食堂」大塚淳平著 主婦の友社(ヒーロー文庫) 2015年 図書館に予約したまま忘れた頃にまわってきて、 はて、こんな本予約したんだっけ? と戸惑いながら読みましたが、 これがなかなか面白かったです! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/31 10:26
「インターネット・ゲーム依存症 ネトゲからスマホまで」岡田尊司著 文春新書 2014年
「インターネット・ゲーム依存症 ネトゲからスマホまで」岡田尊司著 文春新書 2014年 インターネット・ゲーム依存症 ネトゲからスマホまで (文春新書)文藝春秋 岡田 尊司 Amazonアソシエイト by ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2015/04/30 21:16
「池上彰さんと学ぶみんなのメディアリテラシー 2 インターネットの便利さ・怖さ 」 学研教育出版 
「池上彰さんと学ぶみんなのメディアリテラシー 2 インターネットの便利さ・怖さ 」 学研教育出版  「池上彰さんと学ぶみんなのメディアリテラシー」として 3冊セットで出ています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/26 19:46
中学生の読書会「 本について語ってみようよ」、次回は3月14日です!(^◇^)
中学生の読書会「 本について語ってみようよ」、次回は3月14日です!(^◇^) 今年度最後の「本について語ってみようよ」を、 今週土曜日3月14日午後2時から開きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/03/09 22:07
◆たんとたんと2014 子どもと楽しむ科学の本の文化祭◆
◆たんとたんと2014 子どもと楽しむ科学の本の文化祭◆ かん子さんが13:10から、出演、 ブースも半日やっているそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/24 20:04
絵本「ミスターワッフル!」デイヴィッド・ウィーズナー作 BL出版  
絵本「ミスターワッフル!」デイヴィッド・ウィーズナー作 BL出版   図書館で面出ししているのに出会いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/08/12 21:25
中学生と読書会♪ 面白かった〜(^^)
中学生と読書会♪ 面白かった〜(^^) 土曜日、東大和市の上北台公民館で、 今年度1回目の「本について語ってみようよ」を開きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/07/06 13:05
赤木かん子さんの7〜8月の講座(at 東京)
師匠プレゼンツの情報あれこれでございます。 特に、7月14日の出井君のお話は、おすすめです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/05 22:56
「今こそ読みたい 児童文学100」赤木かん子著(ちくまプリマー新書) 2014年
「今こそ読みたい 児童文学100」赤木かん子著(ちくまプリマー新書) 2014年 「はじめに」に書かれているとおり、 これは「物語の好きな大人のための」児童文学ガイドです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/27 13:10
「異世界でカフェを開店しました。」甘沢林檎   レジーナブックス アルファポリス 2012年
「異世界でカフェを開店しました。」甘沢林檎   レジーナブックス アルファポリス 2012年 本屋さんに「web小説が本になった」という本でコーナーができている。 へー! どんなんだろ? 読んでみたーい! でも結構高いぞ。。うーん。 ・・と思っていたら、お隣の図書館にあって読めました。 らっきー♪(^^)v ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/19 20:42
「かさねちゃんにきいてみな」有沢 佳映著 講談社 2013年
「かさねちゃんにきいてみな」有沢 佳映著 講談社 2013年 友達が「面白かった!」と言ってたので、 ほうほう、それは読んでみなくっちゃ、と思って図書館に予約。 4ヶ月くらいかかって、やっと手元に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/15 13:40
かん子さんの授業を見学させていただきました!
かん子さんの授業を見学させていただきました! 昨日は、赤木かん子さんが、 早稲田の文学部の北村薫先生の授業にゲスト出演、というのを 見学させていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/28 10:30
「眠り姫とバンパイア 」我孫子 武丸著 講談社 2011年
「眠り姫とバンパイア 」我孫子 武丸著 講談社 2011年 これ、図書館でリクして取り寄せました。 なんでリクエストしたのか覚えてないんだけど ←おいおいっ! 結果としては、すごーく当たり!  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/01 21:27
映画、気になる〜
映画、気になる〜 有川さんの作品、2作映画化ですね。 どっちも見たいけど、原作ファンとしては、どうなんだろ。 時々、原作とはベツモノってのもあるよね。 ベツモノとして楽しめれば、それはそれでいいかもしれないけどね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/17 18:52
アニメ「RDG」テレビオンエアは本日深夜から
アニメ「RDG」テレビオンエアは本日深夜から その1: アニメ放送は、地方によって違うところもあるんですが、 東京では本日深夜25時からだそうです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/03 18:23
「箱庭図書館」 乙一 集英社 
「箱庭図書館」 乙一 集英社  この前の「本について語ってみようよ」の会で 中学生から挙げられた7冊の本のうちの1冊。 これは個人的にも面白かった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/02/20 23:51
「少女は卒業しない」朝井 リョウ著 集英社 2012年
「少女は卒業しない」朝井 リョウ著 集英社 2012年 第148回芥川賞、直木賞が16日に決まりました。 芥川賞に黒田夏子さんの「abさんご」、 直木賞に朝井リョウさんの『何者』と安部龍太郎さんの『等伯』。 おめでとうございます! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/01/20 23:17
「0点主義 新しい知的生産の技術57」荒俣 宏 著 講談社 2012年
「0点主義 新しい知的生産の技術57」荒俣 宏 著 講談社 2012年 アラマタ先生の本です。 これ、なかなか面白かった。 中学生とか高校生くらいにおすすめしたい。 オタクな男子とかには特に! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/29 21:21
絵本「ゆうだち」 あきびんご作 偕成社 2012年 
絵本「ゆうだち」 あきびんご作 偕成社 2012年  これ、すごーく面白かった! 何がどう面白かったのか、理屈で言うのはちと難しいんだけど、 なんかね、うほほ♪ くふふ♪ って感じで楽しかったよ! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/09/11 11:11
「夜の写本師」 乾石 智子著  東京創元社 2011年
「夜の写本師」  乾石 智子著  東京創元社 2011年 「夜の写本師」 乾石 智子著  東京創元社 2011年 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/17 15:37
「赤木かん子が選ぶ、この春学校図書館に欲しい本2012年4月版」
もひとつかん子さん情報 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/20 18:42
かん子さん in 池袋ジュンク堂トークセッション
かん子さんの 『学校図書館のつかい方』刊行記念の講演があるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/20 14:29
「十二国記」再始動だって!
ほえ〜? まじ? びっくり! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/02 20:23
かん子さんの講演 in 第62回読書の会
「15歳と16歳でもわかりあえない? 世代のちがいと本づくり」 と題するかん子さんの講演が、 2012年1月27日の夜、文京シビックセンターでありました。 (その後、インフルエンザにかかってしまって、  一週間たってしまいました。。。すまん(^-^;)) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/07 15:05
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 岡田麿里 著 メディアファクトリー
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 岡田麿里 著 メディアファクトリー テレビシリーズの脚本を担当された岡田さんによる 「あの花」のノベライズです。 中学と高校の学校図書館に、おすすめですよ〜!(^.^)/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/16 16:39
赤木かん子さんの連続講座(2011年12月東村山開催)
去年の12月のかん子さんの講座。 報告を書こうと思ってたのに、すっかり年が明けちゃったよ。すまん(-_-;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/12 21:25
絵本「あさになったのでまどをあけますよ」荒井 良二作 偕成社
絵本「あさになったのでまどをあけますよ」荒井 良二作 偕成社 新年明けて最初の絵本は、こちら。 「あさになったのでまどをあけますよ」荒井 良二作 偕成社 2011年 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/11 20:07
「RDG5 レッドデータガール 学園の一番長い日」 荻原 規子 (ネタバレ、注意!)
「RDG5  レッドデータガール  学園の一番長い日」 荻原 規子 (ネタバレ、注意!) 今まで年に1回刊行で、 それぞれの巻ではいろいろあるにしろ、 比較的ゆっくりなペースで、 登場人物の思いとか、背景とか、つながりとか、じっくり描いている、 という印象だった「RDG レッドデータガール」ですが、 この春に4が出たと思ったら、秋に5が出て、 あれ? 刊行ペースが速くなった? とびっくりしてたら、 なんとなんと、5では一気に物語が動いて、めちゃくちゃ面白かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/11/12 19:42
読んだよ〜(^.^)/「RDG 5 レッドデータガール 学園の一番長い日」
読んだよ〜(^.^)/「RDG 5 レッドデータガール 学園の一番長い日」 ちょっとおでかけすると、 その後たっぷり寝ないと回復しない「HP」。。。(嘆) そんなこんなで月末に届いた「RDG」をやっと読了。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/03 20:35
「ハガレン」今さらながら、やっと読みました
「ハガレン」今さらながら、やっと読みました 終わって久しい「鋼の錬金術師」ですが、 実は、10巻ちょっとあたりまで読んで、その後は未読でした。 先月終わりの検査入院期間中、 「いい機会だから、ゆっくり読めば?」と 次女が、どどん、と全巻を貸してくれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/18 22:23
「赤木かん子の図書館員ハンドブック」
「赤木かん子の図書館員ハンドブック」 今年8月に出た本・・・というか、ハンドブックです。 「はじめて図書館で働く人のために」という副題がついてます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/14 20:52
ぜーはー‥‥(-_-;) (と、12月の赤木かん子講座)!追記あり
ぜーはー‥‥(-_-;) (と、12月の赤木かん子講座)!追記あり (追記:10月15日  かん子さんの講座は、東村山市民向けかもしれないそうです。  場所も、萩山公民館かも、という情報も。  かん子さん、わかってないぞー。。。(^-^;)  また情報がわかりましたら、お知らせしますね) ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/13 12:18
「クマのあたりまえ」 魚住直子  ポプラ社  2011年
「クマのあたりまえ」 魚住直子  ポプラ社  2011年 魚住直子さんの短編集。 チドリやライオンやクマが主人公の(しかも一人称語りの)、短編が7つ。 動物が主人公なんだけど、 どれもとっても身につまされる。 小学校高学年から大人まで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/10/04 10:52
「県庁おもてなし課」有川浩 角川書店
「県庁おもてなし課」有川浩 角川書店 有川さんの新刊を本屋でみつけ、 「うっかり」買ってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/08 16:17
ジャクリーン・ウィルソンさんのサイン会
国際ペンクラブの日本大会関連で、 ジャクリーン・ウィルソンさんのサイン会が開かれるそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/09/20 20:50
最近読んだ本:その3「アナザー修学旅行」有沢 佳映 講談社 2010年
最近読んだ本:その3「アナザー修学旅行」有沢 佳映 講談社 2010年 第五十回講談社児童文学新人賞受賞作品 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/20 17:58
最近読んだ本:その2「園芸少年」魚住直子 講談社 2009年
最近読んだ本:その2「園芸少年」魚住直子 講談社 2009年 入ったばかりの高校は、部活には入らず、 適度にゆるい高校生活を送ろうと思っていた篠崎(♂)。 ひょんなことで知り合った不良っぽい大和田(♂)と ほんのなりゆきで園芸部に入部してしまったものの、 二人とも草花のことなど、全く知識なし。 昼休みに枯れかけた鉢に水をやるだけの「部活動」を始めた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 1

2010/08/20 17:51
「キケン」有川浩 新潮社 2010年
「キケン」有川浩 新潮社 2010年 やっと順番まわって来た本、その2。 こっちは、もちろん忘れず待ってたけどね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/07/21 17:12
「RDG3 レッドデータガール 夏休みの過ごしかた」 荻原 規子
「RDG3  レッドデータガール  夏休みの過ごしかた」 荻原 規子 2時間たっぷり楽しみました。 あー、面白かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/06/01 09:20
あきづき空太、いいよ!
「赤髪の白雪姫」(花とゆめコミックス)がなかなか良いので、 あきづき空太、応援してます。 新人さんだけど、絵がとってもうまい。 それより何より「ささやかだけど大切」的な微妙なモチーフを、 果敢に扱って、さわやかなストーリーに仕上げているところが、 とても新人とは思えない。うまいです! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/14 08:16
「植物図鑑」有川浩 角川書店
「植物図鑑」有川浩 角川書店 市立の図書館では、 先月アタマに予約した時には確か80番くらいで、 今月になっても、やっぱり30番の人気の本ですが、 (ちなみに所蔵は8冊です) 先週娘の中学の図書室に行ったら、 既に「新着本」のコーナーにさえなく、 フツーに棚にさしてありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/07 20:34
舞台「狐笛のかなた」by 風ノ環〜fu-ring〜
舞台「狐笛のかなた」by 風ノ環〜fu-ring〜 9月13日(日)は、中野まで、 「狐笛のかなた」の舞台を見てきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/13 19:11
「ユリエルとグレン 3 光と闇の行方」石川宏千花
2巻の感想で 「次巻は、ぐぐっと話が展開することを期待したいです」 と書いたけど、「ぐぐっと」どころか、 「ががっ、どどっ、ごごっ、ぐわっしっ!」って感じの怒濤の展開。 面白かった! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/01 00:06
上橋菜穂子先生トークセッション@池袋ジュンク堂
昨日、2009年8月27日、池袋のジュンク堂まで、 上橋菜穂子先生のお話を聞きに行きました。 上橋先生のお話、とっても面白かったです! ここだけの話ですよ〜、ということで、 最新作「獣の奏者」探求編・完結編への想い、 アニメ「獣の奏者エリン」の製作秘話など、 たびたび会場が爆笑に包まれる楽しいお話でしたが、 なにしろ「ブログに書かないでくださいね」と釘をさされましたので、 すごく面白かったあの話もこの話も、残念ながら書けません、が。。。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/28 01:08
「バルサの食卓」
「守り人」はじめ、 「獣の奏者」や「狐笛のかなた」など 上橋菜穂子先生のファンタジー世界に登場する架空の料理を、 現実世界で手に入る材料で作ってみちゃいました。というレシピ本。 ・・・だけかと思ったら、 一つ一つの料理に、上橋先生の短いエッセイがついていて、 これが面白く、あちこちで思わずくすっと笑ってしまった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/09 13:02
「海の底」「クジラの彼」 有川浩
「海の底」を読んだので、「クジラの彼」を再読。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/13 18:32
荻原先生が「RDG 2」を語る
角川の「銀のさじ」のサイトで、 荻原規子先生が、「RDG 2 はじめてのお化粧」について 自ら語ってらっしゃるのを見つけました。    ↓ http://www.kadokawa.co.jp/sp/200905-01/?banner_id=rdg ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/13 17:59
「RDG 2 レッドデータガール はじめてのお化粧」荻原規子
ネットで注文したら、翌日到着、がまんできずにソク読み、2時間で読了。 あー、面白かった! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/04 20:03
「三匹のおっさん」有川浩
短い話が6つ入っているので、 ちょっとずつ読もうと思っていたのに、 半分読んだら、もう止まらなくなっちゃって、結局あっと言う間に読了。 有川さん、面白いよ〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/08 21:39
「赤木かん子さんに聞く、現代子どもの読書事情」
本日、かん子さんの講演当日でした。 申し込みをとらなかったので、 何人来てくださるか、フタを開けてみないと全くわからない、という ちょっとギャンブルの気分。 (わりといつも、そうだけど。わはは、アバウトなわたし) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/21 19:30
「ユリエルとグレン (2) ウォーベック家の人々」石川 宏千花
昨年12月早々に入手済みだった「「ユリエルとグレン 2」。 風邪を引いて寝込んだお陰でいろいろな予定がずれ込み、 ようやく読むことができた。(←などという言い訳はいいから) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/17 13:08
「ラブコメ今昔」有川浩
9月に図書館に予約した有川浩の「ラブコメ今昔」が来た! ので、即、読んだ。 図書館戦争より、も少し大人味だったけど、どれも面白かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/11/15 21:26
「獣の奏者」上橋菜穂子 講談社
面白かった〜!! 上下の長さを感じず一気読み。 (・・・したのは、随分前のことなんですが、遅ればせながら感想) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/14 17:52
対談「生きるとは、自分の物語をつくること」河合隼雄 小川洋子 新潮社
「倒れる直前に奇跡のように実現した対談」という新聞広告を見て手に取った。 河合隼雄先生と、作家小川洋子氏との対談。 当然ながら、「物語を書く」という仕事について深い示唆があったが、 同時に、不登校の娘と向き合った経験についても、深くうなずける言葉があった。 わたしにとっては、二重に味わい深い一冊だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/12 11:18
「ユリエルとグレン  1 闇に噛まれた兄弟」石川宏千花著
「ユリエルとグレン  1 闇に噛まれた兄弟」石川宏千花著 講談社 2008年 第48回講談社児童文学新人賞佳作受賞作。 受賞作がヴァンパイヤものと知ったとたん、思わず 「伝統ある講談社児童文学新人賞よ、お前もか!」と叫んでしまいましたよ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/20 23:23
「ケータイ小説は文学か 」石原千秋
寺子屋に出かけたので、往復の電車で本が一冊読めた。 「ケータイ小説は文学か 」石原千秋著 (ちくまプリマー新書 )2008年 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/09/14 14:18
「神様の森、伊勢」今森光彦 小学館 2008年
図書館で絵本を物色していたところ、 新着コーナーに面出ししてあったこの本に遭遇。 その表紙があまりに「涼しげ」なので、借りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/08 16:25
「RDG レッドデータガール はじめてのお使い」荻原規子
昨日品川まで電車で出かけたので、 行き帰りで本が一冊読めました。 荻原先生の新刊 「RDG レッドデータガール はじめてのお使い」(角川書店 2008年) 酒井駒子さんの表紙と、 紹介文の「下僕として」にそそられ、現物も見ないでネットで購入。 (・・・こんなことは滅多にしないんですが・・) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/17 22:05
「青いリボン」大島 真寿美著 理論社 2006年
ずいぶん前に、 ひこ田中さんの「児童文学評論」のメルマガで紹介されていて、 良さそうなので、気になっていた。 でも、何故か小平の図書館には所蔵がなくて読めなかったのだが、 東村山の図書館で遭遇。やっと読むことができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/06/03 20:57
『キャラクターメーカー』大塚 英志
『キャラクターメーカー―6つの理論とワークショップで学ぶ「つくり方」』   大塚 英志著 アスキー・メディアワークス(アスキー新書 62) 2008年 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/05/03 15:36
アニメ「図書館戦争」
4月は新番の季節です。 我が家では、春と秋に、 新しく始まったアニメの第一話を録画して見る、という恒例行事(?)があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/18 20:54
「ひとりでは生きられないのも芸のうち」内田樹
「下流志向」以来、我が家で人気の内田先生。 ブログに書かれた文章の再編集、という本を読んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/08 16:38
石井桃子さん亡くなる
ペンギンの記事にときめいている場合ではなかった。 夕刊には石井桃子さんが亡くなった、という記事が。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/04/03 23:22
「バッテリー」をVまで読んだ
   *過去の読書感想をアップしました。(元記事は2004年06月11日) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/26 09:36
かん子さんの寺子屋「自然とかがくの絵本」ブックトーク
かん子さんの寺子屋で、 理科・科学絵本のブックトークを聞いた。 今日は、いつもの1階ホールではなく、 9階の絵本ルームでの開催。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/13 23:34
「狐笛のかなた」上橋菜穂子
      *過去の読書感想をアップしました(元記事2004年5月27日) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/10 20:46
「自然とかがくの絵本総解説」
「自然とかがくの絵本総解説」赤木かん子著 自由国民社 2008年 自然とかがくの絵本総解説 ¥1,890 Amazon.co.jp ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/28 17:48
ベルばら入浴剤
昨日、池袋で入手しました。 アンドレもフェルゼンもなくて、 ジェローデルとアランだけでしたが、 ジェローデルびいきの長女は喜び、購入することに。 (ちなみに、税込み210円でした) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/19 21:00
「冲方式ストーリー創作塾」冲方 丁
「マルドゥック・スクランブル」の著者である冲方丁氏による、 ストーリー創作の方法についての本。 初心者にとても親切で、かつ実践的な本でした。 小説、ラノベ、マンガ、ゲームなどなど、 「ストーリー」があるものを作りたい方は、とても参考になると思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/24 00:25
岡田淳先生講演
「こそあどの森」シリーズや 「選ばなかった冒険」「竜退治の騎士になる方法」など、 たくさんの作品を書いておられる、岡田淳先生の講演を聞きに行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/21 21:01
「未来形の読書術」石原千秋 筑摩書房 2007年
未来形の読書術 (ちくまプリマー新書 62)/石原 千秋 ¥756 Amazon.co.jp ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/01 14:08
「算法少女」遠藤寛子 岩崎書店 1973年
「算法少女」遠藤寛子 岩崎書店 1973年 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/26 20:50
「先生はえらい」 内田樹著 ちくまプリマー新書 2005年
内田樹、マイブームです。 実は、この本、前から知っていました。 でも、タイトルを見て、 「先生はえらいんだ、だから尊敬しろ」とか押し付けられるのはまっぴらご免! と思って敬遠していました。 ところが、この前読んだ「下流志向」がとっても面白かった、かつ そこでも触れられていた「師匠とは?」ということについての本らしい、 ということで、読んでみました。 すっごく面白かったです!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/11 21:31
「下流志向」 内田樹著 講談社 2007年
下流志向──学ばない子どもたち、働かない若者たち/内田 樹 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/25 21:39
「ビクトリアン・ローズ・テーラー」シリーズ  青木祐子
恋のドレスとつぼみの淑女―ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (コバルト文庫)/青木 祐子 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/12 14:06
上橋菜穂子さん講演会
昨日25日、守り人シリーズの作者、上橋菜穂子さんの講演会に行きました。 穏やかでにこにこ楽しそうで、ご近所のお姉さん、という感じ。 話すとからっとさばさばした感じで、ますますお姐さん(?)。 お声がすごく素敵でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/25 23:01
「ぎぶそん」伊藤たかみ ポプラ社 2005年
評判が良かったので、期待して読んだ。 フツーに面白かった。 最近、ノリだけで掘り下げがなく、ツッコミどころ満載っていう作品が多いなか、 安心して楽しめる作品は貴重。☆5 昭和と平成の境目の時代の雰囲気とか、大阪弁のよさとか、 ちょっとすさんだ感じのかけるの家とか、じいちゃんとか、雰囲気出ていた。 「ぼく(ガク)」と「わたし(リリィ)」と、主人公二人が交互に一人称で語るスタイル。 そのため感情の焦点が分散し、今一歩深まり損なった感じになったのが惜しい。 かけるという陰影のあるキャラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/20 14:15
あさのあつこ「NO.6」#1,#2 
さて、あさのあつこの新刊2冊、先週から時間を見つけては読んでおりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/20 14:24
あさのあつこ「The MANZAI」
「The MANZAI」あさのあつこ(1999)岩崎書店 ☆☆☆ 「バッテリー」のあさのあつこの作品。文化祭で「ロミオとジュリエット」の漫才を演じようとする中学生の話。大阪弁で、あっちでもこっちでも軽妙なかけあいが繰り広げられ、その合間に決して軽くない主人公歩の「事情」が語られる。 それにしても、「バッテリー」の時も思ったけど、この人、ホモネタ好きだよね。これだけ出すのは、きっと好きなんだろうなあ。まあ、面白いからいいけど。中学生くらいだと大喜びするだろうし。 さて、今回気付いたのは、「終... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/09/25 14:32

トップへ | みんなの「あ行の作家」ブログ

朝日新聞記事

  • 2007年1月14日朝日新聞記事で紹介されました。→「元不登校児の母 児童小説を発刊」
  •   

    学校図書館関連の過去記事です

  • 「学校図書館司書一年目」→ こちら
  • 「図書館改装の記録」→ こちら
  • 龍のいるまわり道  あ行の作家のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる